曽々木国際特許事務所
ご挨拶

二十年の実績を基に貴社の知的財産をサポートします。

曽々木国際特許事務所では、二十年の実績をもとに、特許、商標、意匠など知的財産に関する相談および特許庁への申請手続きを行っております。また、特許庁を受理官庁とする国際出願(PCT出願)や国際登録出願も行っております。関西以外の地域の企業および個人の方々の便宜を考慮して、大阪のほかに福岡にサテライトオフィスを設けております。 特許、商標、意匠、外国出願などで分からないことがありましたら、下記の相談電話にお気軽にお電話ください。 また、各オフィスへのご来所も歓迎します。特許、意匠権、商標権などを取得することで、「知的財産」を守り、貴社の業績向上を支援するとともに、個人の方々の起業を支援します。また、権利獲得後における年金管理、商標の更新登録も行っております。さらに、グローバル法律事務所との提携により特許権侵害などのご相談も行っております。クライアントには、東京都、仙台市、名古屋市、富山市、鯖江市、大分市、霧島市、那覇市に本社がある企業もありますので、九州全域を含む西日本はもちろんのこと、関東、中部、北陸、東北、沖縄にも対応は可能であります。また、近々、東京にサテライトオフィスを開設する予定です。弊所は、中小企業の方や個人の方にとりわけ親切に対応しております。

【呉高専の間瀬先生のコメント】
曽々木先生のところに来る前に、大阪の大手の某特許事務所に相談にいきましたが、相手にされませんでした。その点、曽々木先生は親切に対応してくださいました。

間瀬先生の公開特許公報を見る。

特許出願の他、商標出願、意匠出願についても、ご気軽にご相談ください。

特許を事業に生かして成功した事例

特許第3058406号…この発明は、モータの回転量を測定する装置、いわゆるエンコーダーに関するもので、モータの軸の後端部に歯車を設けるとともに、この歯車に対向させて磁気ユニットを設け、モータの回転に伴い磁気ユニットに生ずる磁力の変化によりモータの回転量を測定する装置である。歯車は、大量生産されておりコストも安く、また磁気ユニットも低コストで入手できるので、測定精度を維持しながらエンコーダーのコストが低減されます。この特許発明は、工業用ミシンの制御性能を格段に向上させました。この特許発明により、マッスル株式会社は急成長をなし遂げ、自社ビルを持つことができました。
マッスル株式会社は、知らない方も多いでしょうが、上海万博で公開された壁を登るロボットについては、記憶されている方も多いでしょう。そのロボットの制御装置を担当したのがマッスル株式会社であります。 余談ですが、そのロボットにつては、ロボットおよび頭について、意匠出願を弊所にて行いました。

特許公報を見る。

マッスルの名の由来…玉井社長様の話では、筋肉のようなしなやかな動きをするロボットを作りたいとう夢があり、その夢の実現のため脱サラをして会社を興した、とのことでした。知的創造の成果を、特許権や意匠権などの目に見える形にし、喜びをともにしましょう。

商標を事業に生かして成功した事例

事例1
商標登録第4576296号…このホームページを見ているあなたであれば、空港やホテルなどで百円硬貨を入れて、インターネットが楽しめる端末を利用した経験があるかも。利用した経験はなくとも、目にしたことはあるでしょう。 その初期画面に「@station」の表示がなされていたことをご記憶されておられる方もいらっしゃるでしょう。その「@station」がまさに登録商標なのです。登録番号は、先に示したよう商標登録第4576296号です。この登録商標は、東洋電子工業株式会社(本社 富山市)の所有である。 社長様のお話では、この「@station」は「アット驚くほど稼いでくれる。」とのことでした。また、社員の方のお話では、「百円硬貨は重いので、回収して帰るのがかなりの重労働」とのことでした。もうかるんですねぇー。 登録商標のよいところは、独占権があるという点です。つまり、前述したように、同一の商標やそれに似ている商標は、他人が使用できないという点です。そのため、安心して事業展開ができることになります。このことから、ビジネス展開する上で商標登録をしておくことが、いかに重要かご理解いただけたことでしょう。なお、このインターネット端末については、特許も取得しております。

事例2
商標登録第4237752号…税務ソフトで「魔法陣」というソフトを使用されている方もおられるでしょう。この魔法陣も登録商標なのです。この税務ソフトは評判がよく、そのおかげでこのソフトを製作・販売している㈱ハンドは急成長をなしとげました。魔法がかかったのでしょうか。

貴社も、特許や登録商標などの知的所有権を取得し、それらを生かして夢の実現・事業の飛躍的発展を図りませんか。
まずは、お電話でご相談ください。電話相談は無料です。
サイトからのお問い合せはこちら