HOME > 著作権について

著作権について

著作権について

「著作権」は「知的財産権」のひとつで、著作権所有者以外の人が著作物を利用しようとするときに、利用を認めたり、禁止したりできる権利です。著作権法では、音楽、絵画、文学、映画、コンピュータープログラムなどの著作物の権利を保護しています。
著作権は、個人だけに発生するものではなく、法人の発案によりなされた著作物には、発案した法人に著作権が認められます。

日本では、著作権は権利の取得にあたって登録などの必要はありません。著作物を創作した時点で自動的に権利が発生しますので、著作権法で認められている「私的使用のための複製」などの場合以外は、著作権所有者の許諾を得る必要があります。

さらに著作権法では、「著作隣接権」という権利があります。これは、アーティストやレコード会社などの制作者など著作物を世の中に伝達する役割を担っている人達の権利を保護しています。そのため、市販CDを私的使用以外に使用したい場合(例えば、音源としてインターネットのホームページにアップロードするような場合)には、著作権所有者(JASRACの管理作品であればJASRAC)の許諾と同時に著作隣接権所有者の許諾を得なければならないのです。
サイトからのお問い合せはこちら